朝から、何となく胃の調子が良くなくて、私にしては珍しいことでした。

胸が悪いとか吐きそう、とかそんな症状ではなく、何となく胃が痛い?みたいな程度です。

それでも出勤時には、習慣からコンビニで100円珈琲を買ってオフィスに入ります。


3月になってから(紙)カップは桜を模したピンクが可愛い。秋には紅葉、ハロウィンカラー、クリスマスは赤だったでしょうか。日本では、コンビニでも何でもそうですが、ちょっとしたところにも心を込めようとする姿勢があります。人を楽しませたいとする姿勢があります。他国ではこういった遊び心はあるのでしょうか。自分達が楽しむ遊び心はありそうだけど(調べてないから分からないけど)日本人には『人に喜んでもらうこと』を喜びとするところがあります。コンビニのカップ一つにも持つ人を楽しませようとします。そういう日本ってやっぱりいいですよね。

ランチタイムになっても、何となく胃がだるいように感じて、「そうだ!おかゆを食べよう」と以前行ったことがあるチャイニーズ・レストラン「梅蘭」に行きました。(松下IMP京橋店)『海鮮粥セット』を食べました。胃が重いのに、お粥とはいえ、しっかりと飲茶付でした。海鮮粥は、ホタテの貝柱やアサリ・エビなどが入っていて胃にも優しくとても美味でした。仕事日のランチに戴くにはほんのちょっとだけ贅沢だったかも。このお店の従業員はみんな本国から来た人たちばかりのよう。皆中国語で話しています。