実は、昨年の今頃、婚活をしていました。

といっても、某有名な出会い系婚活サイトの有料会員に登録しただけですが。

サイトを巡ってみると、同世代でシングルでいる人の多いことにびっくり。
離婚してとか、または死別してなどの理由でシングルになった人達の多くも、もう一度誰かと共に生きたいと思っているようです。

中には結婚の機会を逸して、ずっと未婚のままの男性も少数ですがいました。
自分のことを棚に上げて言いますが、ずっと未婚のままでいる男性というと、何だか不自然な感じがします。そう考えると、きっと私も不自然な女に見られているんだろうなぁと思います。

私が未婚でいたのは、よくある話で(大きな声では言えないのですが)一つの恋愛に失敗したから…なんです。もともと結婚に拘りは無かったし、また誰か本当に愛せる人に巡り合えれば、と思っている内に年月だけがどんどん過ぎていったというわけです。

まぁ、10人いれば10篇の物語があるように、いろんな人生があります。既婚者が(ざっくり括って)似たような人生を送っているように、私と(ざっくり括って)同じような人生を送っている人もきっといると思います。本人は、それなりに納得も満足もしているんですよね(多分)人の心の奥深くは、他人には見えません。

SponcorLink




60代になって、それなりに自分の人生を整理してみて、手離せなかった?過去の自分も手離せて。残りの人生、誰かパートナーと呼べる人がいればいいなぁ、と真剣に考えました。

残りの人生、日常一緒にご飯を食べたり、一緒に笑ったり、同じ空間で同じ時を過ごせるパートナーがいれば、今よりはもう少し幸せに生きられるだろうなぁ、と思うのです。

ただ、問題は誰でもいいわけではありません・・・(お互いに)
男と女の関係って、組合せによっては、最高にもなれるし、最悪にもなってしまうと思います。
個々が善良であっても、それぞれが魅力的であっても・・・。

まぁ、今更パートナーを、と考えるのは、私がずっと独りだったから。独りであることの自由と孤独と、虚しさも知っているから。

逆に、長く家族や他者の為に自分の時間を費やし(ある意味)束縛されている人が、密かに離婚を夢見ていたり、シングルに憧れ、自分だけの為に自分の時間を過ごしたいと願っているかも知れません。人はそれぞれ。持っていないものを欲しがります。どちらに転んでも、今よりも、より幸せであればそれでいいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加しています。pochi!と(*^_^*)