韓国ドラマの真髄、と言えば。

釜山旅行から帰ってから、自分の中での韓流ブームが再燃しています(^_-)

久々に、韓国ドラマが見たくて、amazonプライムで韓国ドラマを見ました。

やっぱり、韓国ドラマは面白い!って思います(^O^)
つい嵌りますもの!

韓流ドラマの真髄とは。

○幼い頃の出生の秘密。
○ヒロインには絶対的に無償の愛を捧げる男性がいるもしくは執着される
○新しく運命の人と知り合うもしくは初恋の相手との再会
○常に四角関係、ライバルの執拗な妨害
○望まぬ婚約
○生死にかかわる事故や病気もしくは記憶喪失
○落ち着くところに落ち着くもしくは余韻で仄めかす

んなところでしょうか?

SponcorLink


今回視聴したドラマは『それでも青い日に』(2015)で、全129話あるのですが1話40分前後なので、時間があれば一日数話まとめて観ました。

韓国ドラマのセオリーをしっかり守っており、昔のドラマかな?と思っていたのですが2015年制作のドラマです。

一時、あの反日騒動から一変して嫌韓の空気が日本全国に吹き荒れたので、以前ほど声高に韓流好きを口にする人は少なくなりました。

私も一時は嫌韓でした。今でも一部の韓国人の思想に嫌悪に近いものを感じることもあります。

最近は、やっぱり中国に比べるとかなり親しい気持ちを持っています。ドラマや映画も面白いし、食べ物も口に合います(^O^)

妹が韓ドラに嵌っている頃、義弟(旦那)は馬鹿にしていたそうですが、何故かその義弟が遅ればせながら、韓ドラに嵌っているそうです(^O^)

いいんじゃないですか?いがみ合うよりは。
口汚くののしり合うよりは。

政治的には、いろいろ問題は山積みだけど、日本は日本国としてしっかりと国際ルールを遵守しながら、ぶれずに国の主張は曲げないで欲しい。
過去の政治家は、相手の言いなりにブレまくりでしたからね(>_<)

日本の政治も変わり、中国や韓国との付き合い方も変わり、新しい関係を築いていければいいんじゃないですか?心理学で勉強したのですが、相手を変えようと思うならまず自分が変わらなければならないとあります。日本がブレずに主張を曲げなければ相手が変わるしかないでしょう。

韓国ドラマが苦手だという人は、韓国映画はなかなか見ごたえがあると思います。ドラマのセオリー通りではないのでお勧めします。

最近は、日本の映画界も頑張っていますが、きっと韓流ブームの頃を切欠に、日本の役者たちも奮起した賜物ではないでしょうか(*^^)V


SponcorLink




ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加しています。pochi!と(*^_^*)