amazonプライムで『恋する惑星』を観ました❤

懐かしい!

1995年の香港映画です。今から22年前!

ウォン・カーウァイ監督の映画です!
ウォン・カーウァイ監督の「ブエノスアイレス」も観ましたが、私はこの「恋する惑星」の方が好きです。
「天使の涙」はこれから観ます(^O^)

22年前と言うと、40歳になったばかりの頃で、仕事に目一杯突っ走っていた頃です。懐かしい!

当時、TUTAYAの新作コーナーに並んでいたこの作品を、題名に惹かれて借りた記憶があります。

オムニバス風ですが観終わった後、とってもHappyな気持ちになったのを覚えています。

初めて金城武を観たのはこの作品でした。

あっ、日本語を普通に話せる人・・・という印象を受けました。
凄く若い頃ですが、いい男になりましたね~(^_^.)

トニー・レオンを観たのもこの作品が初めて。
そもそも、この頃はまだまだ香港映画と言えば(一般的に)カンフーとかキョンシーのイメージが強かったのではないでしょうか?

SponcorLink


当時勤めていた会社に、I君という仲良しの若い社員がいました。
彼はトニー・レオンに良く似たハンサムボーイでした。

ある時彼に、「I君って、トニー・レオンに似てるね」って言ったことがあります。
「トニー・レオンって誰ですか?」
「香港映画に出てる俳優よ」
彼曰く「え~!それって馬鹿にしてませんか?失礼ですよ~!」って(オイオイ!)
その頃は、香港映画ってそんな感覚だったんでしょうね。
彼に『恋する惑星』に出てくるイケメンの警官役だよ~、と教えてあげたけど、その後彼はこの作品を観たのかな?

懐かしくて、思わず最初から観たんですが、観終わった後、当時の印象そのままでしたが、新鮮な感覚で改めて楽しませて貰えました。

そうですよね。恋は、軽い感じで始めるのがいいのでしょうね・・・。
私は、すっかり恋を始めようと思うと重くなってしまいます・・・。何だか哀しい。

私も、この映画にあるように、軽い感じで始めた恋もあったように思います(^_^.)
気が合って相性が良くって、仲良く楽しい時間を過ごせていましたが、その人に恋をしていたかというと・・・していなかったし、愛してはいなかったように思います。(なんて女だ!と思われそうですが)
元々、恋しやすくはなかったし、男性に対しては仲良しはあくまでも仲良しでイコール恋愛にはなれないところがありました(._.)
それが、いつの頃からか(ある恋愛に失敗してから)もう誰にも恋する気持ちを持てないようになっていったような・・・。
話すと重いから止めておきます!

『恋する惑星』観終って、やっぱりHAPPYな気持ちになります。

トニー・レオン、男前ですね。I君、どうしているんだろう?

当時は、何故か社内のイケメン男子と仲が良くて、他にも良く一緒に飲みに行ったりするイケメンNO.1男子がいました。
歳は10以上離れていましたが、意外と話も合うし、仕事が終わって良く飲みに行っていました。途中とばっちりで泥沼の恋愛劇にほんの少しだけ引きずり込まれたこともあったのですが、まぁ楽しい時代でした。いつの間にか疎遠になってしまったけど、みんないいおじさんになってるんだろうなぁ。幸せに過ごしていればいいですね~。何だか懐かしい!

そんなことはどうでもいいのですが、『恋する惑星』観終った後、何となくHAPPYな気分になれるのでお勧めです❤

SponcorLink




ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加しています。pochi!と(*^_^*)