ナッツには癌予防・再発抑制の効果があるとこの本には書いてあります。
毎日28g程度ナッツを食べていれば免疫力が向上し、がん予防・再発抑制に効果的だとあります。

私はほぼ毎日おやつ代わりにナッツを食べています。
それは、もう子供の頃から(^O^)

中学生の国語の授業でのこと。『くるみ割り人形』の一節が教科書に載っていたと思います。
先生が「胡桃を食べたことがある人~」と挙手を求めましたが誰もいません。
「そうね、胡桃は大人の味だから」というのが印象的でした。

で、好奇心旺盛だった当時の私は、さっそくスーパーか何処かで殻つきの胡桃を見つけて、付属していたハート形のくるみ割りの金物でせっせと毎日胡桃を割っては食べていました(^O^)
やっぱり、ちょっと変わった娘でした。

SponcorLink


6月1日の社員食堂、テーブルには健康に関するうんちくのコピーが月替わりで立てかけています。

ブラウザを拡大して読めない方の為に↓

ナッツの驚きの健康効果
ナッツには種類が多くそれぞれ特徴があります。アーモンドには「若返りのビタミン」といわれるビタミンEが豊富で抗酸化作用あり!くるみにはオメガ3脂肪酸がナッツの中では最も豊富です。ピスタチオは栄養価が高く「ナッツの女王」とよばれ、ナトリウムの排出を促すカリウムが豊富!カシューナッツは鉄分や亜鉛が豊富で、貧血症の方にオススメです。
メタボや高血圧予防にも!
ナッツに含まれる不飽和脂肪酸は、マグロやサンマなどの魚や、オリーブオイルやごま油などに含まれる脂質と同じで、オレイン酸はオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。血液サラサラ効果があり、血中の中性脂肪やコレステロールを下げたり、悪玉コレステロールを減らす効果だけでなく、美肌や便秘予防効果があります。カルシウム、カリウム、マグネシウムといった慢性的に不足しているミネラルも豊富に含まれており、高血圧予防やむくみの解消にも効果が期待できます。
食べ過ぎに注意
健康効果のあるナッツですが、脂質が多いために食べ過ぎはカロリーオーバーになり肥満の原因になります。無塩で素焼きの物を選びましょう!食べ過ぎは便秘が悪化する場合もあるので1日に25グラム程度がオススメ。】

確かに!ナッツは美肌にもアンチエイジングにもいいと思います!

私は若い頃から常に『お肌が綺麗ね』と褒められていました。
自分では意識していなかったのですが、あまり会う人毎に褒められるので「そうか、きめ細かい肌とはこういう肌の事なんだ」などとぼんやりと認識したのです(@_@)アツカマシクッテゴメンナサイ!
20代~つい最近まで褒められるとしたらいつも『お肌が綺麗ですね』(@_@)スンマセン!

3人姉妹の真ん中ですが、明らかに上下二人と肌質が違います(^_^.)
まぁ、上下姉妹は若い頃からヘビーな愛煙家でもありましたけどネ。

でも、もしかしたらまだ10代の前半頃から、せっせと胡桃やらアーモンドやらを毎日おやつ代わりに食べていたせいもあるのかもしれません!

中学生の一時、胡桃に始まり、ナッツ類に凝って、とうとうひまわりの種の畳の目のような形の皮をむきながら食べている私を見ながら、母親に『あんたはリスか?』と呆れられていました(^O^)
今はもう、胡桃かアーモンド、カシューナッツ、時々マカダミアナッツやピスタチオ(お酒のおつまみ)のローテーションです。

厚かましいついでに!いつも実年齢よりも若く見られます。
これもナッツ効果でしょうか!(ホント今日のブログは厚かましくってゴメンナサイ!)
そんなこんなの効果で、私は(今まで)病気知らずなのかもしれませんね。

人の身体の細胞は3か月かけて全て新しく生まれ変わる・・・といいますが、私達シニアは、きっとその倍以上の日数がかかると思います。
だから、せめて半年は毎日欠かさずナッツをおやつに替えて摂取するというのは如何ですか?ほんの25グラム程度でいいのです。ただし、無塩のものを選んでください!

きっと、半年後、1年後の身体が変わっているかもしれませんね(^O^)

私が毎朝、珈琲にココナッツオイルを小ぶりのティースプーンに半分ほど垂らして飲んでいるのも、きっと免疫力を上げてくれているでしょうね。ずっと続けてみようと思います(これは市川海老蔵さんを真似てます)

毎朝、高価なサプリメントを摂るよりも、胡桃を3個分くらい摂ることを習慣づける方が経済的にも健康的にも優しいかもしれませんね(^O^)

SponcorLink




ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加しています。pochi!と(*^_^*)